津居山漁港競りの様子


兵庫県津居山漁港で揚がる「津居山ガニ」。前日の夜に出港し、翌早朝に戻るため、鮮度の良さは、他の漁港にひけをとらない。



↑写 真は津居山ガニ
甲羅に黒いつぶつぶがついています。これが地ガニの目印です。


↑コッペガニ
越前では「セイコガニ」関西では「セコガニ」などと呼ばれるズワイガニの雌の事で、近年では漁獲高維持のために漁期も制限され、ますます貴重な蟹となっています。コッペガニの魅力はすべておいしく食べられること。特に腹についている卵と卵巣は美味でプチプチとした食感は一度食べたら病みつきになります。また、ミソや甲羅についている薄皮もおいしく食べられます。

 

ズワイガニは冬の味覚の王者として全国に知られています。特に日本海の山陰から北陸にかけての漁場に揚がるカニは美味で有名です。山陰では「松葉ガニ」、北陸では「越前ガニ」と呼ばれています。丹後半島の網野沖約30kmに漁場があり、質の良い松葉がにがとれる漁場として有名です。そこの漁場には、京都府・福井県・兵庫県からカニ漁にやってきます。その中でも、日帰り漁が可能なのは京都府の間人漁港・浅茂川漁港、兵庫県の津居山漁港だけなのです。幻のカニというのは、この日帰ってきたカニの鮮度の違いからでた言葉です。




近海(丹後沖から兵庫県沖)で捕れたズワイガニを「松葉ガニ」といい、その中でも「間人ガニ」「津居山ガニ」と言うように水揚げされる漁港によってそれぞれ呼び名が違います。その証明は、船・港の名前が入ったタグ(京都府(間人・浅茂川)は緑色、兵庫県(津居山)は青色)の色の違いで見分けます。これは各漁港の自信とプライドの表れなのです。


本物の地ガニの見分け方は、 甲羅についている黒いつぶつぶが目印。これは、かにが育つもっともいい環境の海域(岩場が少なく、プランクトン等のえさになる生物が多い水深約250〜350m、0℃〜5℃の穏やかな海底)にのみ生息する虫の一種の卵です。もちろん蟹の味・品質は 全く問題ありません。この黒いつぶつぶは、そのカニが近海で捕れた本物の地ガニだという証になるのです。


松葉ガニが美味しい訳は、漁場が松葉ガニが生息するのにとても適しているという事、日帰り漁が可能、その日のうちにセリにかけられるので鮮度がいいという事など様々な好条件が整っているからなのです。 そんないいカニというのは、大きさ、足の長さはもちろんの事、甲羅が暑く、カニミソが詰まっていて重みがある。そういうカニは身もぎっしりと詰まっていて旨いと言われています。

地元では「カニの旨さはカニミソを食べればよくわかる」と言われるように、濃厚でコクのある上品な味のカニミソが大きな甲羅の中にぎっしり詰まっています。それも鮮度がいいほど味がいいそうです。