薬剤師が転職して企業に入社した場合の仕事とは

院内処方はごくわずかとなったことから病院勤務は激減

薬剤師転職のファルマスタッフファルマスタッフ - 転職エージェントのリアコミ

薬剤師の仕事といえば、多くの医療機関が医薬分業で院外処方という方法を採用したことによって、調剤薬局に勤務してひたすら処方箋通りに薬を調剤し、患者に提供するという業務が代表的です。
医療機関を受診せずに、ドラッグストアで医療機関で処方される薬剤の量を含んだ第一類医薬品、あるいはOJT医薬品と呼ばれる薬を購入する人が増えれば、それだけ国の医療費負担を減らせるとあって、政府はドラッグストアに対して医療機関で処方される薬を購入できるようにするために、必ず薬剤師を在籍させることを法律によって定めました。
これらの理由から主な職場は調剤薬局かドラッグストアとなり、院内処方はごくわずかとなったことから病院勤務は激減したのが、薬剤師を取り巻く現状と言えます。
そんな薬剤師の転職先として新たに注目されてきているのが、会社の診療所などに勤務する産業医や看護師と同じように、企業に就職するという選択肢です。
看護師は社員や、場合によってはお客さんが気分が悪くなったときなどに対応するために診療所に常駐し、必要に応じて医療機関を受診するかどうかを判断するのが仕事となります。
産業医は基本的に医療行為は行わず、社員の健康を健康診断の結果から把握し、医療機関の受診が必要と判断した場合に受診を勧めるほか、仕事や人間関係のストレスに悩む社員の話を聞いて改善方法をアドバイスするといった具合に、どちらかというと心療内科のような役目となるのが特徴です。

院内処方はごくわずかとなったことから病院勤務は激減企業への転職で薬剤師に求められる役割は医薬品の専門知識を生かした医薬品管理のんびり働くか、違う分野に活躍の場を見つけるかがカギとなる