薬剤師が転職して企業に入社した場合の仕事とは

企業への転職で薬剤師に求められる役割は医薬品の専門知識を生かした医薬品管理

院内処方はごくわずかとなったことから病院勤務は激減企業への転職で薬剤師に求められる役割は医薬品の専門知識を生かした医薬品管理のんびり働くか、違う分野に活躍の場を見つけるかがカギとなる

そんな企業への転職で薬剤師に求められる役割は、看護師や医師にはできない医薬品の専門知識を生かした医薬品管理の仕事です。
大きな企業ともなると、ちょっとした鎮痛剤や風邪薬、整腸剤などの薬は揃えていることがほとんどですが、他の薬との飲み合わせの相性や危険性を的確に判断できるのは、看護師でも医師でもなく薬の知識を豊富に持ったプロフェッショナルだけです。
産業医に看護師、それに加えて薬剤師まで雇用して在籍させる企業の数はおそらくかなり少数でしょうが、雇用形態は会社における社員と同等となるため、企業の福利厚生を受けられるなどのメリットが付加されるのが大きな魅力となっています。
就業時間が決められている会社への転職によって、残業時間はほぼありませんし、土日祝日や年末年始、ゴールデンウイークといった長期休暇がとれるという点もメリットです。
給与は企業が雇用する正社員、もしくは嘱託社員など該当する立場によって異なりますが、給与の額にはそれほどこだわらないという場合には働きやすい転職先になる可能性が高いと言えるでしょう。
医療機関ではチーム体制を組み、薬の専門家として医療の一端を任されるだけあって常に緊張を強いられます。
調剤薬局勤務であっても、処方箋を的確に読み取り、間違いのないように調剤しなければならないことや、来る日も来る日も同じ仕事の繰り返しに、こんなはずではなかったという気持ちになることもあるかもしれません。
その点、会社員として雇われたなら、薬を必要とする人の状態とすでに飲んでいる薬から考えて適切な指導を行うという点で、これまでの仕事内容とはまったく違うと感じられることでしょう。
社内の人たちから薬に関して相談を受けたり、時には社外の人と連絡を取り合って、適切な対応を取るためにはどうすればいいかを考えて行動することが求められるからです。

ファルマスタッフの口コミと評判!薬剤師転職なら絶対に使うべき理由 https://t.co/bzvNDTMzzW

— ぼっち@転職情報メディアのひと (@ikikatadatabase) 2020年1月19日